ワインとムジカとハリネズミ

haricohari.exblog.jp
ブログトップ

震災について思う

e0165180_1235439.jpg


東電の偉いさん2人を呼びつけて、計画停電をめぐる配慮の足りなさに怒鳴り散らす
森田健作千葉県知事。

その計画停電が予定されていながらも、結局停電にならなかったと
不満を漏らす都民。

福島の原発事故に関する東電の記者会見にいらだちをぶつける
テレビ局の報道スタッフ。

特番でKY発言連発の自称知識人兼芸能人。

現地レポーターのふがいなさにイラつくフジテレビの安藤キャスター。

失策失策と政府の後手を批判する新聞記事。


みんな、間違いなくそれぞれの立場で、精一杯努力しているはず。
この、まさに未曾有の大惨事の、まさに現場のまっただ中に立った時、
自分だったら何が出来るというのか?
もし東電の幹部だったら、全く間違いのない計画停電を実行することが出来たのか?森田さん??
カメラが回っている前で、あんな方法で自身の存在をアピールするのはずるくないかい?

福島の第一原発で、考えられないような濃度の放射線に曝されながら
注水作業や消火作業を行っている現場の職員とその家族の想いを目の前にしながら
「しっかりしてよ東電さん!」なんて言える人間はよっぽどの不感症か
どうしようもないアホのどっちかだ。

「原発のあり方を考えないといけないでしょうね」「インフラを考え直すいい時期」
なんて「いかにも論」は要らない。



自分も被災者なのにゴミ袋をエプロンにして、
炊き出しやおにぎりをつくるおばちゃんたち。

遺体がここにあることを示すおびただしい数の赤い旗の連なり様。

泥にまみれた車のそのボンネットに書きなぐられた「気合」という文字。

おくさんの名前を書いたプレートをぶら下げて、
めちゃくちゃになってしまった街の中を泣きながら自転車をこぐおじちゃん。

「日本人ってすげぇんだってとこ、世界中に見せつけてやるよ!」と頑張っていたおじいちゃん。

逃げる時に手をつないでいたはずの奥さんと子供が津波にさらわれてしまったというご主人。

行方不明になったお母さんを探してさまよう女の子。

あまりの惨状に言葉を失う海外からの救助隊の表情。


そんな映像を目の前に、被災者の感情にどれだけ近づきたくても近づくことが出来ない。
頑張れって言葉さえも陳腐で失礼に思えてくる。

阪神大震災の時もそう。
うちの親父はその仕事柄、
翌日の朝のうちに人命救助のために(確か)板宿に派遣されました。
管轄本部の指示で親父をはじめとする救援隊は複数の班に分けられ、
救助のために割り当てられた地域に走って向かうことになったんだけど、
その走っている合間の担当地域外のがれきの下、そこかしこから助けを求める声を聞くにつけ、
涙が流れてどうしようもなかったと。

そんな親父の気持ち、被災者の本当の気持ちに触れることが出来るのは
その瞬間、その場にいる人だけ。
言葉だけではその人の気持ちに近づくことは出来ないように思います。

だから今、うちの中でテレビを見ることの出来る私たちに出来ることは
黙って行動すること。
義援金がその最たるもの。

今日は神戸でも雪が降っています。

e0165180_1236453.jpg

[PR]
# by necotee-ra | 2011-03-16 12:40 | ひとりごと

神戸226事件

e0165180_03026.jpg


中島ノブユキさんのコンサートに行ってきました。

会場は塩屋にあるグッゲンハイム邸。
mo-ho-のメッカ(!)といわれる
塩屋海岸のメとハナの先にある、少し小高い丘にある小さな異人館。

大きなコンサートホールとは違う距離感の無い贅沢な空間。
神戸226事件と題して開催された今回のイベントは
中島さんの演奏(北村さんのバンドネオンとのデュオあり)だけでなく、
映画「人間失格」の荒戸監督とのフリートーク、
その映画の中で使われた主人公の自画像の原作を描いた寺門さんのフリーペインティングと
充実の内容。

監督のフリートークは内輪ネタ中心にもかかわらずなかなか面白かったのですが
しだいにボソボソと声も小さくなってきて、池乃メダカのネタのように・・・
そばで聞いてた中島さんも眠そうです。

寺門さんは、というとプライドの高いおっさんって感じ。


なんといってもメインはやっぱり中島さんと北村さんの演奏でしたね。
奏でられるピアノのすぐそばに大きな窓があって、
そこが西側に面してるんですね。
演奏が始まったのが夕方の5時からなんで、ちょうど夕日が差し込んで
丘のすぐ下を走っている山陽の電車の音とか
無理やり連れてこられた(?)赤ちゃんの泣き声とかも全部綯い交ぜになって
極私的なコンサート空間になりました。

クラシックの技法がベースにはなっているのですが、
中島さんの音楽は全然難しくない。
人間的な温かさがあって、奏でらるれる音からは映像を感じることが出来る。
日常のどんなシーンにも必ずあって欲しい音楽を届けてくれています。
itunes storeでは「unclassifiable」とされていますが、まさにその通りでしょうね~。



e0165180_0304527.jpg



同系の音楽をいくつか。

e0165180_093077.jpg

グルジア人作曲家、ギヤ・カンチェリのトリビュート版。
静かで夢想的でアメリ的。いろんな映画で使われたカンチェリの小曲集的内容。


e0165180_0141065.gif

いわずもがなペルトの傑作。ずぶずぶ埋もれてしまう静寂の音楽。音圧低すぎ!


e0165180_016057.jpg

フォルクローレ+クラシック+少しジャズ。
ジスモンチよりも市井。明るいラルフ・タウナー。
[PR]
# by necotee-ra | 2011-03-02 00:32 | ムジカ

暑すぎて


ビールばっかり飲んでました。
ウソ、第3のビール。

だって暑すぎやしませんか?
この2ヶ月ぐらいでのんだワインはたったの4本。


e0165180_1281426.jpg



コサールのキュベ・カメイ09。
ACボージョレー・ヴィラージュをはるかにはるかに飛び越えてます。
少しノドに引っかかり。あと5年はOK。

アラン・ルナルダ・ファッシュ ビュジェ・セルドン(VT失念)。
イチゴ爆弾!癒し系。大好きです。
教本でACビュジェなんて載ってたっけ?

パトリック・ブージュ(ラ・ボエム)のVdT「ルル」。
なんでなんやろか?オーヴェルニュの自然派を飲むと殆ど同じような味わい。
ペイラもボージェも。
少しくぐもった味わいが結構好きです。豚肉と。

ミシェル・オジェ(メゾン・ブリュレ)のヴォリュビリス09。
去年のに比べてストレートな美味さ。
いわゆる自然派らしい還元とか妙なニュアンスなく一口ノックアウトです。はい。


そんなこんなで巷ではしっかりヌーヴォー予約の季節。
もちろんすぐに予約しましたよ!新井さんのとクリストフ・パカレとラパリュの3本立て。
果たして2010のヌーボーはどうなるか。


もう秋ですな~ワシの出番ナシ。下戸!
e0165180_1294598.jpg

[PR]
# by necotee-ra | 2010-09-14 01:21 | ムジカ

あ~しんど


最近、夫婦ともどもこんな感じ

ウチんところは別に買い物してる訳やないけど・・・



[PR]
# by necotee-ra | 2010-09-14 00:46 | ひとりごと

わたしの赤ちゃん

とうとう!

と、いっても赤ちゃんができた訳ではないんですが・・・


この間、uaのデビュー15周年を記念した新譜が出ましたが(『KABA』)、
その中に収録された七尾旅人の「わたしの赤ちゃん」の素晴らしいこと!
シンプルなのに気持ちの奥底にまで深く突き刺さってくる詩の内容、
そしてuaが発する歌の佇まいに背筋が伸びるような想いがします。
この曲をチョイスしたuaの心まで伝わってくるような。


e0165180_13324637.jpg

このCDはピンクレディーから薬師丸ひろ子、
「買い物ブギ」(「おっさん」連呼!)から「ハイパーバラッド」まで
全15曲のカバー作品。(きっと今のuaに影響を与えたのであろう)
白眉はなんと言っても前出の「わたしの赤ちゃん」と「蘇州夜曲」。
全曲通してのアレンジのかっこよさに支えられて、メッタメタにアタマのいい作品に仕上がっています。
相当オススメ。


そして、とうとう!



いや、これはどうでもいい話ですが、ベランダのパクチーが実をつけました。
香りは、ザ・コリアンダーです。
もう少し熟してから乾燥させる予定。
そこそこの楽しみ。
e0165180_13354722.jpg
[PR]
# by necotee-ra | 2010-06-28 13:37 | ムジカ