ワインとムジカとハリネズミ

haricohari.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Magali et Martin


イッセー尾形と矢野顕子の合作の曲で「おおパリ」っていうのがあるが、
曲中の主人公よろしく、結果的に体調崩した今回のフランス。
いや、正確には初めてのフランスです。


リュクサンブールは火の海ではなかったし
モンマルトルから転げ落ちることもなかった。(かろうじて)
セーヌ川に頭をつっこむこともなかったが、
ずいぶん身体にガタがきたもんだ。


エミレーツ航空で3時間をドバイ空港ですごし、
なんせ片道25時間のフランス旅。
しかも到着はスイス・ジュネーヴ。
そこからバスで4時間揺られてのリヨン。初日。
リヨン→ボーヌ→ランス→パリまでを現地5泊。

今回のミッションはブルゴーニュ、シャンパーニュの蔵元を訪問し
そのフィロソフィーをインプット。
そして純粋な観光。(わるいか!)



どっぷり疲れた身体をダマシダマシ。
腹が減っては明日からの蔵元訪問も台無しだ。

ホテルについていきつく間もなく向かった先、初日リヨンの飯どころは
メトロ Hotel de Ville駅を降りて、ソーヌ川の近く「MAGALI et MARTIN」。
せっかくのグルメの街、リヨンに行くならばと事前に予約をいれての気合の入りっぷり。
ソーヌ川、きれいだったなぁ。足元犬のうん子だらけ。
e0165180_0165229.jpg



途中タバコ屋に立ち寄ってマガーリへの道を聞く。
フランス語まったく分からん私ら2人にまくしたてるおばあちゃん。
あぁあそこは上手いって評判だよ。で、どこにいくんだい?ん?
ありがとうボークー。



e0165180_0191720.jpg

2階吹き抜けの構造。
1回はソファ席メインで約12席。2階はテーブル席で16席程度の小バコ。
オーストリア人シェフが振る舞う、ふわっとした空間でのなんとも心地よい時間・・・
いやいや、結構パンチ効いてましたよ、これが。

アスペルジュ ブランシュ
e0165180_23554410.jpg

煮詰めたバルサミコにオレンジの果肉、フォワグラのテリーヌのスライス。
シンプルな内装な割には天一もびっくりの味重ね。
ピンボケ。


エスカルゴ
e0165180_092110.jpg

これが効いたなぁ。ビーツのような赤カブに豚でたっぷり出汁をとったソース。
おまけに豚肉までトッピング。


トュルボ トロンソン ロティ
e0165180_0113214.jpg

食べ応え十分。
しかし、魚くさい。


フィレ ミニョン
e0165180_0121282.jpg

これが一番うまかったなぁ。
火の入れ方が絶妙。繊細のひとこと。
しかしこれもピンボケ。まだまだだ。

デセールには名物(と言われている)フォンダンショコラと何かのフルーツのババロア(失念)。
e0165180_120132.jpg

フォンダンショコラはまぁまぁだったなぁ。
薄い表現の中から濃厚なソースがタラリラリン。

ワインリストは地元ブルゴーニュものからカンシーの白まで。
最先端ではないけど、このマニアックさがおもしろい。


ワイン3杯、料理4皿。
デセール2皿にコーヒー2杯で120ユーロ。
まぁこんなもんかな。

アリガトウゴチャイマシタ~だってさ。

e0165180_0223048.jpg

気合入れることなく、ふんわり楽しめるMagali et Martin。



気持ちピンボケのまま、
いやこれは時差のせいか、歳のせいか、
名所l'Hotel de Villeも妖艶さを増して三重。
e0165180_0232735.jpg



さぁ明日からいよいよコード・ドール入り。



しかし、フランスの音楽ってなんだろか。
ゲンスブール?バル―?バルバラ?ゴングって気分でもないな。
ブリジット・フォンテーヌにはまだ遠いし。

遅れてやってきたマイブーム。YANN TIERSEN.

[PR]
by necotee-ra | 2012-05-28 00:31 | ひとりごと