ワインとムジカとハリネズミ

haricohari.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

妖怪ぬらりひょんは甲本ヒロトだったんですね~

多感な時代にブラジル音楽やゲンスブールに首を突っ込みながらも
自分にとってのエバーグリーンと言えばR.E.M.をおいて他にはない。

そのR.E.M.が解散したのが9月。
もうずいぶん前の話を今さら。(わるい?)


R.E.M.を初めて意識したのは中学の時だったかいつだったか。
訳あってカリフォルニアから送られてきた現地のラジオをダビングしただけの
カセットテープ。
そんなかに入っていた「STAND」。

ついで田舎のレンタル屋さんで借りた「LOSING MY RELIGION」。


そしてなんといっても『AUTOMATIC FOR THE PEOPLE』。

もう亡くなったけど、おばあちゃんにもらった3千円のおこずかいをもらったその足で
小さなCD屋さんで買った『MONSTER』。
大事なおこずかいでそんもん買うなっ!って、なぜか両親から怒られた。(ウルセー!)



で、解散を機にワーナー以前の音源を
今さらながら買い集めて聴いているのですが、
昔はもっともっとアンビエンチな歌声だったんですね。
日本盤に封入されている歌詞も聴き取れるのが奇跡的なほど。
そして、曲の佇まいから
なぜかブルーハーツに近いものを感じるのです。

あえてブルーハーツの映像は載せないけど、
急にピクッと動き出すぬらりひょんの(もちろんマイケル・スタイプ)
「what's the frequency, Kenneth?」は、
比較的最近の作品にもかかわらず
さしずめ、少し抑え気味の甲本ヒロト、そのまんま。
オリジナルなキレある動き。
いきなり狂った木の上のナマケモノ。
神経質なのび太。



そして、これぞエバーグリーンな「LOSING MY RELIGION」。


御大ニール・ヤングを前に緊張顔。震えます。



こうして、いち時代いち時代に区切りをつけながら、
私的に怒涛の2011年はもうすぐ終わろうとしている訳で、
1年経つ早さを年々ひしひしと感じるのです。
[PR]
by necotee-ra | 2011-11-13 02:19 | ムジカ