ワインとムジカとハリネズミ

haricohari.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

私のシャブリ遍歴

2つぐらい前のワイナートで見たシャブリの特集。
ドーヴィサの佇まいが印象的で、信念の貫き方が、簡単に言ってしまえばかっこよかった。
それ以来、すっかりシャブリを飲みたい病に。
というか、単にシャブリってどんなんやったっけ???

初めてシャブリというワインを知ったのはワインをかじりだして間もなくのこと。
当時(今思えば、まぁ仕方のないことだけど)「シャブリ」を知ってるだけで
物知り顔も出来た訳ですよ(笑)

馴初めはビショー。10代の頃働いてたお店でオンリスト。
次はヴォコレの1er。確かモンマン。
大学を出てそのまま就職した先で扱ったのがアリス・エ・オリヴィエのロゼット。
もう15年近くも前こと。
で、シャブリとのお付き合いはそれっきり。


「シャブリってぇのはさ~、キンメリジャンで、火打ち石で・・・」ってことになると
ビショーもヴォコレもテキスト的だったけど、
アリス・エ・オリヴィエのはなんか違ったことだけ覚えています。
(逆にいうとアリス~の場合、シャブリとは違う次元の飲み物なんですよね~)

で、買いました。シャブリを改めて確認するため。
ローラン・トリビュの07。
実はlamplusさんのブログで見てからずっと気になっていた生産者。
ドーヴィサがいろいろと絡んでるようです。

e0165180_048068.jpg



色は薄い緑。粘度は低め。
香りはグレープフルーツやライム。酸味ある柑橘系。
そして、そして、これこそ火打ち石!
ビショーやヴォコレの記憶がどんどん蘇ってきます。
もちろん私、生まれた時からスイッチ一つで照明がつく戦後世代。
だから火打石ってどんな匂いなのかなぁんて分かる訳ないじゃないですか。
でも、ちっちゃい時に好奇心で口に入れたじゃり玉の石の風味にすごい似てるんですよ。

香りと直結した鮮烈な酸味。たぶんマロなし。
ハーブ様の苦みと強いミネラル感。
そして、とにかくウマい!
キレのいい後味なのに、じんわり残る旨味。

ながい間ちょっと気恥ずかしかったシャブリ。
久しぶりに体験して、意識が変わりましたよ全く。(どうかしてたぜ~)




そのほか、最近のおうちワイン。

e0165180_0502148.jpg

ジッカに帰省した時に倉庫の冷蔵庫で再会。
10年越しのポイエル・エ・サンドリ。トラミナー01。
なんの!AKBのピチピチ感(しょっぱいなぁ~)


ひっそりと紹介されていたのを目ざとく購入。
サンソニエールのプティ・ブラン09。(あとで生産量の少なさを知って・・・ひょえ~)
e0165180_051380.jpg

玉ねぎ様のロゼに近い白。
ひと昔前のいわゆるビオ的風味にちかいニュアンスもあり。
完成された薄旨。


ひょっとしたらセロスよりウマいかも!?なジャック・ラセーニュ。
ブラン・ド・ブラン「ル・コテ」。
e0165180_051271.jpg

ユリス・コランのEXブリュット、ヴェット・エ・ソルベの一連のに比べても抜群にウマい。
キメの細やかさ、繊細さ。ひたすら感動。


最後はジュンコ・アライの2010プリムール白。ソーヴィニョン・ブラン。
e0165180_111261.jpg

北浜の巨匠んところでアライさんを囲んでの09プリムール会の時に
参加者からの促しで造られた1本(らしい)。
ピュズラ的プリムールを想像してたら、いい意味ですかされます。
アライさんとこの通常キュヴェのSBと同じ全くレベルで語ることの出来る完成度。
思い出すパカレのあの言葉「おい、知ってるか?日本人がすごい白を造ってるぞ!!」
[PR]
by necotee-ra | 2011-04-22 01:05 | ワイン

さくらの間

e0165180_013281.jpg


今年はベストなタイミングでいざ西武庫公園。
陽だまりに癒されてとろとろ~。

さくらだからって、なんでもいいとは思わない。
赤でもピンクでも白でもない、
ソメイヨシノの、あの何とも言えない色がたまらない。
花びらと花びらが重なって、また違う色になって見えてくるのも面白い。




この間、いろんなメディアやブログが大絶賛、上原ひろみさんの「VOICE」を購入。
上原さん、実はお初。
一聴して思い浮かんだのがDMB。
手数の多いドラムと変拍子の加減がシンクロしたんでしょかね。

しかし、これ、ドラムが騒がし過ぎる。特にバスドラ。
それと、キメの細かいアレンジ、というより準備され過ぎてて「あらかじめ感」満載。

確かにピアノは巧い。
ドラムも凄いし、ベースもごつい!
でも、ギラギラ過ぎて、ちょっとね。
一枚通して聴くにはよっぽど体調整えておかないと。
私にはちょっとしんどい作品でした。



同じジャズなら、最近の発見、Colin Vallon。
ここのところ、ECM新世代がオモシロイ。
Jacob YoungもそうだけどMTV世代のロックなジャズ。
フリー寸止めのインプロ。
流れるメロディに複雑なアレンジ。
自由度。
何より、根っこにある間(マ)の取り方。

同じMTV世代でも「VOICE」とは違った
こういう佇まいの方が
色は薄いがいろんな表情が見えて飽きない。
まぁ、完全に個人の趣味の問題ですけどね~。

e0165180_02242.jpg



[PR]
by necotee-ra | 2011-04-13 00:16 | ひとりごと