ワインとムジカとハリネズミ

haricohari.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

毎年恒例メー子まつり



なんでもかんでも「かわい~」としか表現できないようなヤツを見るにつけ、
なんて語彙の足らん・・・なんて思っていたけど、
こんな映像見せられたらついぞ出てきてしまう、
やっぱし「かわえ~」


毎年恒例、六甲山牧場詣で。
e0165180_21445723.jpg

(嚢腫アニヴァーサリー翌日のアイツ。今や元気な山ガール)


去年はゴールデンウィーク中に行ったもんで、
やたら大きくなったメー子はかわいらしさ半減。
今年は100%想像通りのメー子を拝みたくて、寒空の中決行。


いち早く放牧されている少し大きめのメー子には目もくれず、
一路めん羊舎へ。
いました!いました!!想像通りのメー子たち。
e0165180_2253574.jpg




で、もっと小さい生まれたての子たちがこっち。
e0165180_226717.jpg

                 かわえ~




e0165180_2274279.jpg

                 かわえ~



e0165180_2282618.jpg

                 おとなりさんを覗き込むふたり。かわえ~


e0165180_2211872.jpg

                 寝ているところをちゃっかりおさわりのアイツ


あまりのかわいらしさに2人とも完全にノックアウト。




e0165180_22253817.jpg

この子は牧場の入口近くで寝そべっていた仔牛のミールくん。
こいつがかわいくて、手を持っていくと顔をすり寄せてくるのですが、
うちのワイフ、間違って「ミート」「ミート」って。
(それ、アカンのちゃう?)


ゆる~い雰囲気に脳ミソも半分とけながら、癒しの一日。
今年2回目のベビーラッシュは今から4月下旬ぐらいまでだそう。


ミールがMEATにされちゃうまでに、あと一回は行きたいものです。とろとろ~
[PR]
by necotee-ra | 2011-03-31 22:36 | ひとりごと

みずぞんび

e0165180_0283049.jpg


今回の震災をめぐって海外のメディアは
日本人のマナーの良さ、規律の正しさを称賛しました。

順序よく並んで待っているタクシー乗り場。
足止めをくらって駅の階段の真ん中をあけて両脇に座るサラリーマン。

でも、今回の大震災当日、
帰宅難民となってしまった都民に開放された多くの施設では翌日ゴミの山だったとか。
そんな情報はほとんど伝わっていないようです。



福島原発の一連の災害に端を発する水道水汚染。
ここ関西では(でも)、モロに「ガメツさ」を露呈しています。

もちろんこういう状況ですから、
関西のスーパーなどでも相当な品薄。
特に国産の軟水は購買数量の制限があっても
店頭に並んだとたん1時間ももちません。

一家族1ケースまでと店員に諭され、キレまくって出ていった客を目撃しました。
ミネラルウォーターのケースが目一杯詰め込まれたショッピングカートが、
その場にそのまま残されたまま。



そんな中、売れ残るのは
乳幼児に全く不向きといわれる海外の硬水とガス入りのミネラルウォーター。

それでも、なんでもいいから水をという輩が呆れるほど多くいます。


孫の為にと20本近くものガス入りの水を関東に送るおばあちゃん。

うちは3世帯と小さいワンちゃんがいるからと4ケースを購入しようする小さなおばあちゃん。
買い求めようとしているのはコントレックス。

「昨日、この水を買ったんやけど、なんか赤ちゃんは飲めへんらしいから返品してくれるか」と
凄む中年の親父。コントレックス2ケース持参。

ケツの穴の中までしゃぶりつかんとする浅ましさ。


本当に水を必要としているのは誰なのか。
本当に必要な水は何なのか。
本当に今、それが必要なのか。


震災に関して
「ちゃんと」考えること、
正しい知識を身につけること、
デマに惑わされないこと、
買い占めないこと、
も、今、関西に住む私たちに出来る事のひとつだと思うです。
[PR]
by necotee-ra | 2011-03-29 00:36 | ひとりごと

震災について思う

e0165180_1235439.jpg


東電の偉いさん2人を呼びつけて、計画停電をめぐる配慮の足りなさに怒鳴り散らす
森田健作千葉県知事。

その計画停電が予定されていながらも、結局停電にならなかったと
不満を漏らす都民。

福島の原発事故に関する東電の記者会見にいらだちをぶつける
テレビ局の報道スタッフ。

特番でKY発言連発の自称知識人兼芸能人。

現地レポーターのふがいなさにイラつくフジテレビの安藤キャスター。

失策失策と政府の後手を批判する新聞記事。


みんな、間違いなくそれぞれの立場で、精一杯努力しているはず。
この、まさに未曾有の大惨事の、まさに現場のまっただ中に立った時、
自分だったら何が出来るというのか?
もし東電の幹部だったら、全く間違いのない計画停電を実行することが出来たのか?森田さん??
カメラが回っている前で、あんな方法で自身の存在をアピールするのはずるくないかい?

福島の第一原発で、考えられないような濃度の放射線に曝されながら
注水作業や消火作業を行っている現場の職員とその家族の想いを目の前にしながら
「しっかりしてよ東電さん!」なんて言える人間はよっぽどの不感症か
どうしようもないアホのどっちかだ。

「原発のあり方を考えないといけないでしょうね」「インフラを考え直すいい時期」
なんて「いかにも論」は要らない。



自分も被災者なのにゴミ袋をエプロンにして、
炊き出しやおにぎりをつくるおばちゃんたち。

遺体がここにあることを示すおびただしい数の赤い旗の連なり様。

泥にまみれた車のそのボンネットに書きなぐられた「気合」という文字。

おくさんの名前を書いたプレートをぶら下げて、
めちゃくちゃになってしまった街の中を泣きながら自転車をこぐおじちゃん。

「日本人ってすげぇんだってとこ、世界中に見せつけてやるよ!」と頑張っていたおじいちゃん。

逃げる時に手をつないでいたはずの奥さんと子供が津波にさらわれてしまったというご主人。

行方不明になったお母さんを探してさまよう女の子。

あまりの惨状に言葉を失う海外からの救助隊の表情。


そんな映像を目の前に、被災者の感情にどれだけ近づきたくても近づくことが出来ない。
頑張れって言葉さえも陳腐で失礼に思えてくる。

阪神大震災の時もそう。
うちの親父はその仕事柄、
翌日の朝のうちに人命救助のために(確か)板宿に派遣されました。
管轄本部の指示で親父をはじめとする救援隊は複数の班に分けられ、
救助のために割り当てられた地域に走って向かうことになったんだけど、
その走っている合間の担当地域外のがれきの下、そこかしこから助けを求める声を聞くにつけ、
涙が流れてどうしようもなかったと。

そんな親父の気持ち、被災者の本当の気持ちに触れることが出来るのは
その瞬間、その場にいる人だけ。
言葉だけではその人の気持ちに近づくことは出来ないように思います。

だから今、うちの中でテレビを見ることの出来る私たちに出来ることは
黙って行動すること。
義援金がその最たるもの。

今日は神戸でも雪が降っています。

e0165180_1236453.jpg

[PR]
by necotee-ra | 2011-03-16 12:40 | ひとりごと

神戸226事件

e0165180_03026.jpg


中島ノブユキさんのコンサートに行ってきました。

会場は塩屋にあるグッゲンハイム邸。
mo-ho-のメッカ(!)といわれる
塩屋海岸のメとハナの先にある、少し小高い丘にある小さな異人館。

大きなコンサートホールとは違う距離感の無い贅沢な空間。
神戸226事件と題して開催された今回のイベントは
中島さんの演奏(北村さんのバンドネオンとのデュオあり)だけでなく、
映画「人間失格」の荒戸監督とのフリートーク、
その映画の中で使われた主人公の自画像の原作を描いた寺門さんのフリーペインティングと
充実の内容。

監督のフリートークは内輪ネタ中心にもかかわらずなかなか面白かったのですが
しだいにボソボソと声も小さくなってきて、池乃メダカのネタのように・・・
そばで聞いてた中島さんも眠そうです。

寺門さんは、というとプライドの高いおっさんって感じ。


なんといってもメインはやっぱり中島さんと北村さんの演奏でしたね。
奏でられるピアノのすぐそばに大きな窓があって、
そこが西側に面してるんですね。
演奏が始まったのが夕方の5時からなんで、ちょうど夕日が差し込んで
丘のすぐ下を走っている山陽の電車の音とか
無理やり連れてこられた(?)赤ちゃんの泣き声とかも全部綯い交ぜになって
極私的なコンサート空間になりました。

クラシックの技法がベースにはなっているのですが、
中島さんの音楽は全然難しくない。
人間的な温かさがあって、奏でらるれる音からは映像を感じることが出来る。
日常のどんなシーンにも必ずあって欲しい音楽を届けてくれています。
itunes storeでは「unclassifiable」とされていますが、まさにその通りでしょうね~。



e0165180_0304527.jpg



同系の音楽をいくつか。

e0165180_093077.jpg

グルジア人作曲家、ギヤ・カンチェリのトリビュート版。
静かで夢想的でアメリ的。いろんな映画で使われたカンチェリの小曲集的内容。


e0165180_0141065.gif

いわずもがなペルトの傑作。ずぶずぶ埋もれてしまう静寂の音楽。音圧低すぎ!


e0165180_016057.jpg

フォルクローレ+クラシック+少しジャズ。
ジスモンチよりも市井。明るいラルフ・タウナー。
[PR]
by necotee-ra | 2011-03-02 00:32 | ムジカ