ワインとムジカとハリネズミ

haricohari.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

想いあふれすぎて



東京の大手レコードショップでは
THIS IS ITの先行発売で26日をぽぅ~と迎えたようですが、
私の場合ジョアン・ジルベルトのchega de saudade(「想いあふれて」)の再発CDで同じ日を迎えました。
自分でも地味だと思いますよ。


e0165180_2383250.jpg



単体での初CD化で、ジョアンを知る人にとってはそこそこ話題に上がってはいますが
果たしてどうか!?
残念なものか、予想以上に良いのか・・・


結論としては音質的にも企画としても悪名高い
「THE LEGENDARY JOAO GILBERTO」と殆ど同じミキシング。
ミルトン・バナナのブラシとかバックのオーケストラの弦の鳴りがクリア過ぎてやけに心地悪い。
全体的に高音が目立ちます。(少しだけ「THE LEGENDARY~よりはマシだと思うのですけどね)

それでもデジタルフォーマットで、ちゃんとオリジナルの曲順に忠実に聴けるというのは
ある種、新鮮味があって面白い。
さらに、この嫌な高音の鳴りはアンプの高音つまみを極端に絞ることで
オリジナルのアナログフォーマットの質感にグッと近づくってことが今回判明!

しかも、それ以上に今回のCD化で思わぬ発見だったのは
ジョアンの方じゃなくて、これも賛否両論分かれるところですが
オマケとしてくっつけられた音源の方。
前情報で「minha saudade」のジョアン・ドナートのヴァージョンが収められてることは
知ってはいましたが、まさかドナートのトロンボーン・ヴァージョンだったとは!!
(フルートはアルタミーリョ・カヒーリョ、ピアノはジョゼ・マリーニョ、クラリネットはネティーニョで
ギターはヴァルテル・ブランコ)
この選曲にはガツンとやられます。
さらにアライヂ・コスタの未CD化のやつとか、なかなか・・・


ちなみにこのCD、多分早い段階で入手困難になります。
親会社のチェリーレッドは、過去にトレイシー・ソーンとかベン・ワットを何度も再発してきてはいるけど、
今回CD化にこぎつけた、傘下のELはカタログとしては残しておきながらもすぐに生産を停止してしまう
会社なので・・・
興味ある方はお早めに、です。

(2月に帯付きで日本仕様として販売するソリッドもそうです)
[PR]
by necotee-ra | 2010-01-27 02:36 | ムジカ

あCANやろ・・・くだらんか



e0165180_9222543.jpg
KANではなくてCAN。ドイツのバンドのこと。

その昔、ナウはソニックユースかディスヒートかで言い争っていたあの時代、
アイドルタイムになるや否や、ある厨房のスタッフが5Fのせっまい事務所に駆け上がり、
すこぶる調子のいいステレオを独り占めして、大音量で聴いていたのが「エーゲ・バミヤージ」。
オクラ商店(←ジャケット写真に注意!)という別名の1972年の作品です。
ちなみにそのディスヒート派の当人は電波を求めて東京に旅立ってしまったんだけど・・・

そのエーゲ・バミヤージ含めて、カンのほぼ全部のアルバムがブルー・スペックCDで復刻やなんて、
カネかけるとこ間違っとうやろと、私は言いたい。
さらに、調べたら6年前にはハイブリッドCDでも復刻していたことを確認。
アマゾンではもう1万4千円の値段がついてたりして。ホンマかいな。

思えば、あんなアホみたいで病みつきになる作品も珍しい。
ヨーロッパをうろうろしてて、髪の毛に火をつけるパフォーマンスを路上でやってたヒッピー、
ダモ鈴木というボンボンな日本人が「ヘイ!あんた、ビタミンCが足りてないんじゃない?」と叫びまくる
その名も「ビタミンC」を収録。あほか。

通常版の場合、ホルガー・シューカイがやけに奥に引っ込んでるように聴こえて
はがゆい思いがしてたけど、ブルースペックの場合はもっとバーンと出てくれるのだろうか。
クイクイっとしたお経みたいなあのベース。

どうでもいいけど結構気になる。

しかし、こんなマニア向けのモンまでブルースペックとかSHM-CDとかで復刻するかぁ、って
ぐらいなんだから、あの手この手で買わせようとする音楽ソフト業界の低迷が目に見えるよう。
頑張って欲しいものです。
(そのうち、「4分33秒」もハイスペック化されたりして・・・)



これがその「ビタミンC」。最近の曲に聴こえるけど、もう40年近くも昔の曲。
この音楽に合わせて、おびただしい数のプーさんが踊っているのを夢に見たことがある。
ちなみにダモ鈴木が見たい場合はyoutube「CAN VITAMINC LIVE」でご確認。

[PR]
by necotee-ra | 2010-01-14 12:39 | ムジカ

政治とカネとハリネズミ


渋谷のギャルにまで「おかぁさんからおこづかいもらいすぎぃ~」と言われた
鳩山さん含めて、民主党のツートップが揃いも揃って政治とカネの問題でゆれています。

陸山会の問題で今日、強制捜査が入ったようですが、
なんもやましいことないなら任意聴取に応じればよかったのに。

先日の記者会見で、
「国民の皆様にはご心配おかけし申し訳なく」なんて言ってたけど、
誰もあんたの心配なんかしてないんですよ実は。
今や部下の責任も取らないで、自分の保身にいっぱいいっぱいな
名ばかり上司がちっちゃい社内で偉ぶる現状。
みんな自分のことで精一杯なんですよ。

みんなどこかの誰かの政治生命なんて、ハナクソぐらいにしか思ってないんですから、
いさぎよくしたらどうでしょうか?小沢さん。

って、うちの子が。

e0165180_0334756.jpg

(「こんなんでダシにされたくないんですけど、ワシ」)
[PR]
by necotee-ra | 2010-01-14 00:36 | ひとりごと

無責任ばばぁ


鳩山政権の支持率が50%そこそこまで落ち込んで、
不支持率なんかもぐんぐん上がっているそうな。
政権発足当時は10人におよそ8人が諸手を挙げて「いいねぇ鳩山君~」だったのが
今や同じセリフを言える人間が10人に5人しか残っていないことになる。
10人に5人なら「まだえぇやん」って見方も出来るけど、逆に言えば賛成派だった
8人の内の3人が寝返って、もともと反対派だった2人に加担し、
一緒に「なんや鳩山!」ってなってる訳ですよ。
この差は大きい。

あの時と比べて、報道関係も鳩山さんに対して(民主党にもね)風当たりが厳しいですよね。
報道関係もなんであそこまで鳩山ワッショイだったんでしょう?
上の話で言うと、不支持に寝返った3人はなんで最初は鳩山政権を応援していたんでしょう?

資金工作の問題?小沢さんの土地購入問題やら藤井さんの辞任問題でごたごたしてるから?
マニフェストが守られていないから?だから不支持に回ったのでしょうか。

発足してまだ1年も経っていない政権に対して、YESだった支持者が急にNOになってしまうのは
大人としてあまりに無責任ではないかと思ってしまうし、それこそ、メディアに踊らされている薄い
人達に見えてくる。自分の目や耳でしっかり見て判断しないといけないんですよね、本当は。
人の判断に身を委ねるのは簡単なことです。

鳩山さんの脱税疑惑に言及して、あの連立を組んでいる
某国民新党の某バ亀井静香が
「経費をイチイチ数えるなんて、そんなことやっとたらアンタ、政治家にはなれまへんで」と、
記者会見で。
結局、そんな人間の力を借りなければ、友愛社会を実現出来ない鳩山さんなんだから。

「オレ(ワタシ)の見る眼がなかったわぁ~」ではダメなんです。
誰がその人を選んだの?
(で、責任逃れな人間に限って「社会常識ってもんは」って必殺技を振りかざす。面倒くさいですよね)



今日、ビートたけしのTVタックルが、これ相当面白かった。
成人式を迎えたばかりのチャラ男代表みたいな若者に対して、
大人代表・人生の先輩が「自分の中に芯をしっかり持て!」なんてアドバイスしていたなぁ~、
そう言えば。
なんか、ブルーハーツみたいな曲が書けそう・・・



こちら、ブルーなハートにさせる熱い曲!(100%こじつけ)
原作のジャコーは自分の眼を持っていたか!?

[PR]
by necotee-ra | 2010-01-12 02:39 | ひとりごと

美味い話つながりで・・・今さらヌーヴォー


気がついたら、もう1月も6日が過ぎて・・・
生きてます。どうにかこうにか。

年末は12月のしょっぱなから31日、そして年始といろいろと忙しく、
やっと今になって落ち着いて来た感じです。



もちろん実家にも帰ってきましたよ。
雪、てんこ盛りでした。
e0165180_1473751.jpg

初日はハハ手製のおせちや松葉ガニと牡蠣、
2日目は但馬牛と地元で獲れたイノシシを
もう耳の後ろがクサクなるぐらい!(笑)オエ~。

でも、ホントの話、実家の料理は美味いと感じる。
もちろん、ハハのウン十年という経験の中で培われた味付けの仕方もあるけど、
やっぱり食材の鮮度の良さに因るところも大きい。
牛は牛を潰すとこから、問屋を介さず殆ど直ルートで購入(逆にそうしないといい肉は手に入らない)。
牡蠣もチチの暇つぶしからなんとなく出来上がった漁師さんとの縁で直買い。
野菜はハハが趣味でやってる畑から収穫して数分で自宅へ。
こんな状況だから美味くならない訳がない。

美味いもんと言えば、
今日NHKで埼玉にある金子さんの霜里農場の特集をやってましたね。
100%無農薬・ごまかし肥料一切なしの有機農法。
同業者に冷ややかな目で見られながらも、
30年も前からこのやり方を貫いてこられたそうです。(ちなみに金子さんは61歳)
有機、有機と今では幾分「へらべったい」言葉になったけど、
金子さんの1日は朝5時に起きて、まずは3時間、害虫や雑草との格闘から
始まるという事を聞くにつけ、少なくともハハの畑仕事を間近で見て来た私にとっては
その大変さがある程度分かるのです。

そして、金子さんは循環型の農法も実践していらっしゃいました。
牛を飼って、鶏を飼って、その糞を腐葉土に混ぜて発酵したものを堆肥として利用する。
発酵途中で発生するガスは火をおこすのに使い、
使った食用油は廃棄せずトラクターを動かすのに利用する。

金子さんの口癖は「とにかく我慢」。

毎年同じ天候になる訳がない自然を相手に仕事をする訳だから、
ベストを尽くしたらあとは「我慢」だそうです。
逆に言えば、その「我慢」を軽くする為、ベストの中のベストを尽くす。
なんか、似たような事、ラングロールのエリックも言ってたなぁ。
松下幸之助も。(あ、結構読んでたりするんですよ、私)

絶対に一度は食べてみたいものです。


話は変わってワインの話。

鮮度の良さと言えば、やっぱしヌーヴォー。
書き損じてましたが、09年のヌーヴォーを去年の暮れに1本空けました。
ラピエールとかパカレ、フォワイヤールばかりが目立つ中、敢えて選んだギィ・ブルトン。
隠れキャラですよ。もう。
しかし、これがダントツに美味かったのです。
e0165180_1482867.jpg最良のヴィンテージと言われた09年。
確かにクリストフ・パカレやらラピエールも美味かったけど、
酒質が良すぎて飲み頃はもう少し先?
そんな中でヌーヴォーらしさもあって、しかも飲み応えもあって
トータルで美味い!と思えるバランスがあったのが
このブルトンのヌーヴォーだったと言う訳です。
こんなに美味いならもう少しでしゃばってもええんとちゃいます?
ブルトンはん。













そして、もうひとつ美味いものと言えば、
一昨年に引き続きアドパンデュースさんの「お持ち帰りノエルセット」。
e0165180_2141740.jpg

・大山地鶏の一羽丸々オーブン焼き、ロースト野菜添え(2日間の塩蔵処理!)
・宮崎もち豚のパテ・ド・カンパーニュ
・数種類のオリーブのピクルス(だったかな?)
・にんじんとクミンとハチミツのポタージュ
・パン・オ・ルヴァン
・シュトーレン
・ワイン1本
というなんとも豪華セットでたったの8500円!
ボリュームもたっぷり3人~4人分はあるんとちゃいます?あれ。
で、地鶏もさることながら、ポタージュの美味いこと美味いこと!!
アレだけでもテイクアウト出来たら幸せやろなぁ~。

ワインは泡と赤からのチョイスで、私が選んだのはマ・フラキエのヴィオレッタ08。
e0165180_283148.jpg
フラキエ飲むのは6年振りぐらいかな?
まだ日本に輸入され始めた頃の01とか02VTとかはとにかく還元がきつくて、畳のにおいがプンプンしてて。
なんで、こんなもんがウマいんだ??ってな感じでいた訳ですが、
あれから6年も経って・・・ホント美味しくなりましたね、ジャキエさん!!
多分、これセミMC。とてもフルーティーで、でも全然還元がなくて。
こんなにコストパフォーマンスの高いワインなんだから、エグリ以外のワインももっと前面に打ち出しても
ええんとちゃいます?
サンリバティーさん。


最後になったけど、Tブチシェフ、ウラTさんと皆さん、ホンマにありがとうございました。
頂いたガトショ、テリーヌになるまで、まだガッチガッチにラップしてますYO!
[PR]
by necotee-ra | 2010-01-06 02:26 | ワイン