ワインとムジカとハリネズミ

haricohari.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

群と個


一匹狼ってのとは全然違うけど、私は群れるのがあまり好きではない。
というか苦手。

自分の考えや意見をダイレクトに他人に伝える事が得意でないし、
そのタイミングを逃してしまうことも多い。

「分かってくれる人が一人でもいればそれでいいじゃないか」って、
外で仕事してりゃ、それで良い訳ない事ぐらい知っている。

だからこそ、逆にもっとまみれて、もっと自分を抽出する作業が必要になんでしょうなぁ~。

あるワインの生産者が言っていた。
「最近、自然派といわれるワインが美味しくなってきた。
それは横同士のつながりが出来たからなんじゃないかな」って。

確かにそうかも。
例えば、クルトワは10年前に比べて格段に美味しくなりましたよね。
彼の場合、金銭的な問題のせいでブレタノが多かったが、
直接的にはマルク・アンジェリの影響が大。
ニコラ・ジョリーだってそう。
「ルネッサンス・デ・アペラシオン」というグループを率いてからの方が、逆に
その味のターゲットが明確になったと思う。
(ルネッサンス・デ・アペラシオンの詳細はこちら→http://www.biodynamy.com/index-fr.php

みんな、それぞれの立場の違いこそあれ、
色んな意見の中に身を置いて触発され、切磋琢磨して
進んでいく路を見つけたり、より高みに進むことが出来たりしたんでしょうね。


先日飲んだシャルドネは、そのルネッサンス・デ・アペラシオンのメンバーのひとり、
イタリア、プーリアのチェファリッキオ。
e0165180_101464.jpg
広大な農園の中で、桃やオリーヴ、トマトをはじめとするいろんな野菜を育てながら
ホンの少しのブドウ畑で、きらぼしのようなワインを造る。
彼がビオディナミを採用したのは
「本来の農作物大国プーリアを取り戻したい」「後世に豊かな自然を残したい」
という彼の想いに端を発する。
ちなみに、07年から醸造責任者が変わったようだが、その造りの変化は明確。
06年の同じワインとはVTの違い以上の違いを感じさせる1本。
ブルゴーニュに近いぐらいの凄みあるミネラルと、
今までにない旨みの広がり方。




一方、殆ど誰とも交わらず、爺さんの代から引き継がれた豊かな農園の中、
チェファリッキオのような大きな気概云々以前に、
代々伝わる方法しか知らずして
すごいワインを造っている80超えた爺ちゃんがいる。
レオン・デフリエシュのペール・ジュルがそう。
e0165180_0593410.jpg
この間飲んだのはポワール(泡)。

糖度計を使わず、狙った香りに果実が熟した時に収穫をする。
人工酵母を用いず、果実の皮に付着した酵母で自然発酵させる。
カルヴァドスにいたっては
他の生産者が人工酵母で無理やり1ヶ月で発酵を終わらせたあと、
すぐに蒸留工程に入れてしまうのに対して、
彼の場合、自然発酵にあと、シュール・リーで1年熟成させた後に
やっと蒸留させるというこだわりよう。
完成品に感じられる圧倒的な香り。
今まで飲んでたのは何やったん?ぐらい。
それぐらいレベルが違いすぎる!






どちらも人を感動させるワインの造り手だけど、
横とのつながりの中、最高のワインを目指す「ルネッサンス~」軍団の一派と
「フィリップ・パカレって何だソレ?」な独走自然派田舎ジジイのこれほどまでの対比。


バックグラウンドは全然違うけど、自分が望むワインを造る上でやりたいこと、やりたくないことは一緒。
自分は何を目指すのか、目指すゴールが自身の中で明白であるかどうか。
そのためには何が必要なのか。
結局はこういったことを分かってるって事こそが、
他人をひきつけ、他人を説得させる一番のキーであるような気がする。
(そして明白であればこそ、群れを成してもブレることなく、他人の意見をモノにし、
自分の考えをより肥沃なもに出来る)
最近になって、やっとそんなことを意識しだしたのです。
[PR]
by necotee-ra | 2009-09-24 01:19 | ワイン

順番


e0165180_2351302.jpg

結局、9日発売のビートルズのリマスター盤は単品を買うのみにとどめておいた。

「ラバー・ソウル」
「ホワイト・アルバム」
「マジカル・ミステリー・ツアー」
「レット・イット・ビー」の4枚。

確かに格段に音質がクリアになっている。
普段、音そのものには全く興味を示さない家内も「うわ~」って言うほどだから、
ホント、その変わり様には凄みがある。
ちなみに私はビートルズと言えば中期~後期の方が好きだ。


ちなみに今回購入したのはタワーレコードの梅田マルビル店。
渋谷のタワーには及ばないものの、それなりの行列が出来てましたよ。
並んでいるのは概ね仕事帰りのオッチャン。
・・・自分の青春時代のワンカット?
明らかに50歳代が過半数を占めている。

それはそれでいいのだが、
みんなあまりに臭くないかい?

たまたまなのか、ビートルズのファンがそうなのか、これだけの話題の商品だから
普段こういったお店に立ち寄らなさそうな客が来ているからなのか・・・

加齢臭やら汗の臭いやら、
まぁ、とにかく普段のタワーには見られない(臭わない)雰囲気がレジ前に漂っている。
この日この時間の考えうる限りの臭いをここに終結させたかのような、そんな感じ。
あまり他人の目を気にするのは感心しないけど、少しはいいじゃないの?


耳をそばだてていると、ひとりのオッチャンが汗をカキカキ、何やらクレームをつけている。
ビートルズのCDを手に持ったまま
「あの、あのですね、あのう、だ、だ、だから返品したいっていって・・・」

オヤジが手に持つ
汗にまみれた包装用の透明なフィルムの向う側から、
ジャケットに印刷されたい若い時代のビートルズ4人が、
はげ散らかした50のクレーマーオヤジを見上げている。


なんてことはない。
いつかはげ散らかした自分が
コーネリアスの復刻版を手にレジの前に並んでいるかも知れないんだから。
[PR]
by necotee-ra | 2009-09-21 23:56 | ムジカ

うねり



先週の土曜はuaのライヴ。
東名阪ツアーの最終日、心斎橋のクアトロです。

前回のシアタードラマシティーん時は2階席しか取れなったから、
ステージとの距離があんなに近い今回のライヴは
そら、もう行く前から若干興奮気味。
昔、私が働いていたトアロードのビストロには
チキンジョージ上がりのuaが夜遅くにちょいちょい来てくれていたのですが、
今回のライヴはそんなチキンジョージな時代の空気感の再現を期待していた訳なのです。



で、今回のライヴ、やっぱり最高でしたよ!!!
ずいぶんと遠い存在になってしまったuaだけど、
やっぱりお客さんとの一体感がライヴの醍醐味。
そしてuaはそういう雰囲気の方が似合っているように思う。

今回の東名阪ツアー全部を観てきた人曰く
「今日の大阪が今回一番最高です」、なんだって。
ギターの内橋さんは今回のライヴで初めて観た訳だけど、その演奏を観る限り、
コーラスの2人が笑うほど、ノッてたぐらいですからね~



セットは「青空」から始まり、アンコールは全5曲という贅沢ぶり。(最後は「水色」)
一曲目からuaを中心にバックのメンバーも全員がうねるうねる!


今回のライヴの、今までに味わったことのないぐらいの素晴らしさは
シュタイナーに影響を受けた、ua自身の内面の大きな変化
(→心の解放。プリミティヴな。出産。母性としてのスピリチュアリティ)に、
もちろん大きく因るものではあるけど、
脇を固めるミュージシャンの高い技術も大きく影響していたように思います。

ギターは新作のアレンジも手がけた豊中出身、内橋氏。(実験音楽の巨匠!)
ドラムとパーカッションは日本が誇る宇宙人バンド、
ROVOのドラムで西宮出身、芳垣氏。(彼、元モダチョキなんだよなぁ。驚き!)
ベースは最高の音楽職人、鈴木正人氏。(私、彼、大好き!なんであんな賢い音楽つくれるんかなぁ)
コーラスは中島ノブユキの作品にもメインで参加している太田さんとイモト似のメグさん。(ゴメン!)
あと、ホーンの3人(ユーフォニウム&フリューゲルホルン、クラリネット&SS、そしてトロンボーン)
って編成。



コーラスはあくまでもuaの歌声に寄り添うのが目的だから別としても、
他のミュージシャンは結構、自分の流儀でそれぞれ思うがままに演ってたように思う。
けど、それが最初っから最後までuaの歌声と交わって一つのカタマリになって、
大きなウネリを生み出し観客を巻き込んでいる感じ。
ライヴ会場全体が強大なアンサンブルになっているような。



そして、昔の曲も結構あったけど、アレンジが全く違うものになってたりしていて、ホント、かっこよかった。
奏者のバックグラウンドの根底にジャズがあって、そこにファンクの要素を加えたような。
ストラータ・イーストのような、同時にエレクトロ・アコースティックのような。
アレンジってのがどれだけ大事なものなのか、肌に染み込んで理解するステージでした。




「きゃー!う~あー!カワイー!!」なんて大声で叫んでいる?な観客がいたけど、
そうじゃぁない。
uaは綺麗になった。
そして、最高のミュージシャンが集まってくれるような
そんな人になったのです。


↓ uaが今までのuaから変化した空の小屋ツアーから「閃光」。
まだのファンは廃盤の前にDVD購入を即!

[PR]
by necotee-ra | 2009-09-15 01:47 | ムジカ

新人


e0165180_0235916.jpg
うちの、新人。
名前はチビスケに決定。
最近自分のペットに「小豆」やらなんやらと、
今までのペットでは考えられないような
「おっしゃれ」な名前をつけるのが流行しているようですが
ペットはペットらしくしてやった!

あ、男の子です。







今回は新しいバイブルも購入して準備万端!
e0165180_0291579.jpg
(これが噂の新バイブル。健康管理、疾病についての情報が満載。愛好家の絶対数から考えて、絶版間違いなしやな)



e0165180_0243288.jpg
「これがホイールかぁ。
子供だましやな。でも、お!なんや結構いけますな」



e0165180_0262953.jpg
これからヨロシクやで、ブー
[PR]
by necotee-ra | 2009-09-14 22:31 | ハリネズミ

伊勢まで旅行に行ってきました



e0165180_012592.jpg

先週のことですが、三重まで行ってきました。
義理の両親の計らいで4人一緒。
遊びで三重に行くのは初めてです。

泊まるのは小さな湾を臨む賢島の、とある旅館。
旅館といってもなんだか保養所のようなところでしたが・・・


でも、各部屋にいっこ、
半バルコニーのようなスペースに大きな風呂釜(つまり露天風呂!)がある、
なんとも贅沢な旅館なのです。
到着して一回、晩飯の後に一回、朝起きて一回と朝飯食って一回と
何度もお風呂を頂く。
そう、私お風呂大好きなのです。

そして、晩飯のなんとも言えない贅沢さと、その量の多さ!
獲れたて伊勢海老のお刺身!
ベタだねぇ~なんて聞こえてきそうですが
このベタな食材であっても、浴衣を着て食べることなんて非日常なんですからね!


e0165180_025378.jpg
海に面しているのでカニが迷いこんでくる!




2日目はこれまた初めての伊勢神宮へお宮参り。
何の神様なのか殆ど知らずに行ったのですが、かなりエライかたが祭ってあるんですね。
天照大御神というらしい。
家内に「ほんとアンタはなんも知らんなぁ~」なんてイヤミを言われながら、
伊おかげ横丁でカキ氷(赤福氷というらしい)食べたり、
コンニャクの入ったレモン水を頂いたり、射的を楽しんだり、和太鼓を楽しんだり・・・
e0165180_073463.jpg
橋のたもとの赤福でぶらさがっていたお魚の親子
e0165180_033379.jpg
これがコンニャク入りレモン水。ウマ~
e0165180_064638.jpg
これが涼しい!





人の多さに少し疲れはしましたが、ホント、リフレッシュです。
今回の旅行、観光らしい観光ってほどのことはしてないし、
宿だっていわゆる温泉街の旅情というのと、ちょっと違うのかも知れないけど
初めての事をたくさん経験出来て、これが楽しい!
行き帰りの運転は確かに身体が疲れるものだけど、
楽しいと、心が元気になる。

これがいいんですよね。
身体はへとへとでもなんだか楽しいってのが!
(義理の両親には全然気を遣っていませんでした。ごめんねぇ)

今回の旅行の計画は全部家内任せ。
どうもありがとね
[PR]
by necotee-ra | 2009-09-14 00:13 | ひとりごと

Fab Four



もう10年以上も前の話。
神戸のトア・ウエストにある(あった)、本当に夜の雰囲気が似合うビストロで働いていたことがあります。

36席程の小さなお店。
本場のビストロよろしく、
藤の椅子が隣のテーブルのお客さんとぶつかるかぶつからないかの間隔で並ぶ暗い店内。
真っ赤なターポリン地のオーニング、店頭に所狭しと並ぶ手書きの黒板、今日のサジェスチョン。
床が抜けそうなほど古いフローリングに、
どこからともなく集まってくるフライヤーに占領されてしまった小さなトイレ。


そのお店の常連さんで左近田さんというご夫妻がいらっしゃいました。
苗字からしていかにも公家の出といういでたちの上品な旦那様です。

その方が、ある日、自演のCDをリリースすることになったということで
自身のCDをお土産に食事に来られました。
なんでも東門の場末にある、地下のスナックを1ヶ月ブッキングしてレコーディングに臨んだんだそうな。
とても自信満々な左近田氏。
しかし、
竹村延和氏からの賞賛を受けた帯を付けたその作品は
戦時中、空襲からの避難を呼びかけるために町に設置されていた(であろう)
スピーカーから流れているかのような、割れた声で何かを叫び、
それが永遠に反復されるような「音楽」や
ジョン・ケージへのオマージュのようなコンクレート・ミュージックに覆い尽くされた、
つまりとても体力を必要とする内容だった訳です。
失礼があってはいかん!と最後まで店内でかけましたが、
考えてみてください。仕事で疲れた身体に、そしてお客さんにとっては
食事中に電撃ネットワークを見させられてしまうようなものです。


そんな訳の分からない匂いがプンプンしたお店のカウンターで
お酒をつくったり、サービスをするのが自分のポジションだったのですが、
その大きなカウンターのすぐ後ろにお店のサウンドシステムがありました。
つまり、カウンターで仕事をする限り、
自由に自分の好きな音楽をかける事が出来たのです。

自宅で自分の好きな音源を一枚のMD(!)に集めては
お店のその場の雰囲気に合わせてかけたりしていたのですが、
その中の一枚に
ボラ・デ・ニエベのようなキューバ音楽、
オノ・セイゲン(コム・デ・ギャルソンのショーの音楽で手がけて有名になりましたね)、
トニーニョ・オルタにブリジット・フォンテーヌといった
キワキワの音楽の後に清涼剤代わりに
サイモン・アンド・ガーファンクルの「水曜の朝、午前3時」を挿ませていたものがあります。

私はその左近田さんへCDのお礼に(私なりの回答?)、ということで
全く正反対の性格をした「水曜の朝、午前3時」を収めたそのコンピをかけることにしました。
そして、最後の最後になって
左近田さん、「この選曲の流れはヤバイやろぅ。なんでそこに午前3時をもってくるかなぁ~」
なんて、ブツクサいいながら食事の手を止めて聴き入ったのです。


そうです。
50年代~70年代の音楽は面白い。
いろんなジャンルの曲にそれぞれ発見があるのです。
ちょうどそれぞれの分野の音楽が行き詰っていたころで、
それぞれが手を携えて新しいことをやっていこうよ!と模索していた時代だからこそ。
商業的に失敗したものでも、その試み自体には
今の時代に新しいものを創り出す上でのヒントが隠されていたりする。
音楽的にいくらトンがったことをやってても、
この時代の音楽に再発見をする人は少なくないようです。




さて、もうすぐビートルズのリマスター版がリリースされます。
実はこれだけ音響技術が進んできた今日に至っても
ビートルズの音源は初CD化されて以来この10年の間、
一度もリマスターされずに、販売され続けてきました。


実は私、音楽についてこれほどブツブツといいながらも、
実は最近までビートルズを通過せずに過ごして来たのです。
恥ずかしながら・・・

それがビートルズを見直すきっかけになったのは
車ん中で聴いた「ブラックバード」と「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」と
「アクロス・ザ・ユニヴァース」の3曲。

しかし、今の気分はなんと言っても「ガール」。
数年前のNHKの番組で忌野清志郎がチャボのギターだけをバックに唄っていたやつ。
あんなネットリした「ガール」を聴かされたら、もう耳にこびりついて離れなくなってしまうのです。





・・・・・今日のブログは前置き長く、オチ短く。
えらいところからビートルズに落とし込んだなぁって、
ビートルズのボックスが欲しいからなんですよ!
これがえらい高い!!
ドクターストップならぬヨメストップがかかってガンヂガラメ!!

えぇ、えぇ、分かってますよ~


THE BEATLES [GIRL]

[PR]
by necotee-ra | 2009-09-04 00:07 | ムジカ