ワインとムジカとハリネズミ

haricohari.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

甲州の今を目の当たりにした!!(4)


最後は勝沼醸造。
こちらもルミエールほどじゃないけど、昭和12年創業の老舗ワイナリー。
2004年にリリースした「アルガ・ブランカ・イセハラ」で、一気に名を馳せた名門です。
ちなみにメルシャン勝沼ワイナリーの「甲州きいろ香」は
そのイセハラに追従せんとメルシャンがボルドー大学の協力のもと
総力を挙げてテクニカル的に生み出されたものだそうで・・・


e0165180_2244860.jpg


ここでは製造ご担当の平山さんにお話をお聞きすることが出来ました。
ワインの文化・醸造の変遷から、今勝沼醸造が目指しているワインのあり方まで幅広く。

勝沼醸造では画一的なワインのあり方から脱し、
それぞれのブドウ畑のテロワールをワインとして表現したいとされています。
その一環として、醸造~瓶詰に使用するSO2の添加量を
40ppm~上限を80ppmと定めているとのこと。
またエントロピーを2年前から全廃されたとか。
(エントロピー=果汁を濃縮するための悪名高きあれですな)

e0165180_226271.jpg
(↑ 揚水。地下のミネラル分を含んだ水が剪定された枝の口から出てきます。
ほんのり甘みも)

でも、本当のテロワールワインの実現には
その発酵に自然酵母が必須であり、またその為には当然無農薬栽培でないといけない。
契約農家を多く持つこの蔵にとって、この問題はかなり難しいものでしょう。
しかし、これが完成した時には!!
実際、平山さんは「これからはもっと土と向かい合って行きたい」と仰っています。

すでに業界で一定の地位を築きながらもそこに安住せず、
新たな方向性を打ち立ててチャレンジするその姿勢。
勉強になりました。



と、一泊二日、4つの蔵元を見学して思ったのですが、
みんな、それぞれアプローチの仕方の違いはあれ、
今よりももっと前へ上へと自らを高めるために努力されています。
地元のワインの地位の向上を目指して、
また、日常にもっともっとワインが浸透していくことを願いながら。
のほほ~んとした人柄に感じられたルミエールの小山田さんだってそうです。
大げさかも知れないけど、どの人からもワイン造りに対しての強い「使命感」を感じました。
そして、そんな使命感を持っている人が造るワインは美味しい!

今回の蔵元訪問で再確認出来たこと、それは「ワインは人」なんだということ。
そして、そういったことを感じたり、理解するというのは、
雑誌で読んだり、頭で考えたりするのとはまた違うんだということ。

電気を走らせたように肌で感じ、
ビッシビシに身体に叩き込んで、
心にジュワ~としみ込ませていくもんなんですね
[PR]
by necotee-ra | 2009-03-30 09:06 | ワイン

甲州の今を目の当たりにした!!(3)

一泊二日なんですから、その日の晩はもちろん大宴会。
旅館に持ち込まれたワインはなんと20超!
まぁ~呑んだ呑んだ!
しまいにはこんなワインまで・・・

e0165180_1174217.jpg


残念ながらこのワインに至るまでに相当だったため、殆ど記憶が、ない!
なんてこったい!!


2日目、最初の訪問は四恩醸造。
2007年が初ヴィンテージの勝沼醸造の元栽培責任者、
小林さんを代表とする小規模ワイナリーです。
最も注目を浴びる日本の蔵元の一つだけに気合を入れていかねばならないところですが、
昨晩のワインがたっぷりと肝臓に残したままの訪問・・・

訪問早々、まぁ飲んでもらいましょと出されたのが、5月リリース予定のクレマチスロゼ。
相当にグロテスクな状態でのデギュスタです。

しかしこれが、これが!
巨峰?これ?
いや、この素晴らしい香りに一気に肝臓もリセットされてしまうのです。
これは本当に素晴らしいワインです。
この瞬間、朝10時過ぎ。
ついさっき朝ごはんを食べたばかりなのに、この香りのせいで
すぐに食欲が湧いて来るのですから不思議なもんです。


その後、今年秋リリース予定の甲州樽熟、カベルネ主体の赤などを樽からデギュスタ。

e0165180_1182232.jpg


そして中でも白眉だったのが、なんとデラウェアの酒精強化!!
このデラの素晴らしいこと!
多分ひと樽分しかないこのワイン、秋のリリース時は争奪戦必至。
(アル分18%。自然派を自認される方、絶対これは通過しておくべきでしょう)

そして、小林さんももちろん飲む飲む。
徐々に工場長→小林剛士→ツヨポンに変身!
(ご当人、もともと工場長という肩書きに居心地の悪さを感じているようですが)

ここでもたくさんの興味深いお話を拝聴させていただきましたが、
中でも小林さんが最も重要とされていらっしゃるのが、

「地域=コミュニティの文化を創生し、育むこと」

ワイン造りを一人ですると必ず自分のエゴが出る。
地域の同じような立場にある人たちとの技術提供やら、横のつながりによって
より自らを高みに持っていける。
情報を出し合って、共有していきたい。
そしてそれぞれが自立していければ最高だよね・・・という観念。

何故フランスの自然派の生産者が
この2、3年で大きくそのレベルを飛躍的に向上させることが出来たのかを考えると、
やっぱり同じことなんですよね。

e0165180_1185281.jpg
(↑ これがさっきの酒精強化デラ)

小さなコミュニティであっても、大きな社会的意義を背負った、
志高い小林さんの潔い姿、そしてワイン造りが楽しいというその表情。

同じ空気を共有しているだけでハッピーになれる、
小林さんは不思議な魅力を持った方でした。

(続く)
[PR]
by necotee-ra | 2009-03-28 01:31 | ワイン

甲州の今を目の当たりにした!!(2)

次はルミエール。

ルミエールは日本最古のワイナリーのひとつで、
その歴史は明治18年にまで遡ることが出来ます。

雑誌で取り上げられているように、この蔵元が採用しているのはビオディナミ。
ニコラ・ジョリーやマルク・アンジェリ、ギィ・ボサールもここを訪れています。

ここでは栽培・醸造長の小山田さんにお話をお伺いすることが出来ました。
彼はなんとまだ30台半ばという若手中の若手。
奥野田の中村さんが理論派生産者だとするとルミエールの小山田さんは完全に感性の人。

ビオディナミを採用するに至ったきっかけをたずねると
「う~ん、なんとなく」

下草を刈らなかったのはどういった効果を狙って?という質問には
「逆になぜ下草を刈る必要があるのかよく分からない。だってそれが自然な姿なんですから。
無駄なことはしなくて良いんじゃないって思うんです」

しかし、そんな煙に巻いたような答えの裏に隠された
やっぱりアツい信念を垣間見た瞬間とは・・・

「ビオディナミに転換した結果、何が変わったかって、
今は単に収穫量が減った。ただそれだけ。
今自分が取り組んでいる事の是非を判断するには、最低5年はかかると思います」

結果がまだ見えてこないことからくる焦りや不安は、半端なものではないでしょう。
しかも30台そこそこで由緒ある蔵元の栽培と醸造の長を任されている立場の人間からすると。

e0165180_10331851.jpg


しかし、畑の状態にもその効果は少しづつ出てきているようです。
畝に手を差し込むと、ズブズブと20センチ強もその手が沈んで行きます。
これが有機の畑でよく言われる「フカフカの畑」の状態。
そして、その土の匂い。
畑のすぐ隣のまだ区画整備中の段階にあって、
まだ何も植わっていないところの土の匂いと比較した時、
その差をはっきりと感じることが出来ます。
生きた土と死んでいる土の匂いの違い。
死んでいる土からは全く匂いがしないんですよね。
植物が植わっているだけでいろんな微生物や酵母、バクテリアの匂いがする。


そんな目に見えないものを大切にしていきたいという小山田さんの姿。
清々しささえ感じました。

e0165180_10331065.jpg
(↑デゴルジュ待ちのぺティヤン)


ルミエールを後にした我々一向は宿泊先である旅館に。
そこで阿鼻叫喚のワイン祭り。石和の夜は永い・・・(どっかでも使いましたな、これ)
[PR]
by necotee-ra | 2009-03-28 01:08 | ワイン

甲州の今を目の当たりにした!!(1)


近そうで遠い日本のワイン・・・
はい、山梨の蔵元に行ってきました。
一泊二日で4つ。奥野田葡萄酒醸造、ルミエール、四恩醸造、勝沼醸造。
いや、仕事ですよ、一応。

早速、まずは奥野田から。平成元年に独立された蔵元です。

e0165180_10243531.jpg


当主の中村さんはフィリップ・パカレ並みの理論でもって
ブドウ栽培・醸造に取り組んでいらっしゃいます。
それもそのはず、ご自身、大学では細菌学を修められたそうで・・・

酵母や生菌についての専門学的な言語はなかなかに難解でしたが、
ブドウ栽培に関して
極めてロジカルな、そして体系的なご説明により
「旨いワインはまず健全なブドウから造られるもの」という一般的な常識を
深いところで理解することが出来ました。

中でもものすごく深くしみ込んだ言葉は

「何故日本でワインを造るのか?
本当にワインを造りたいならフランスに行けばいいじゃないか、
という質問をプロの方からよく頂くんです。

フランスのワイン生産地の畑は概して日当たりが強い。
日当たりが強いとブドウの果実は乾燥による自己防衛の為、
果皮表面にワックス(油分)を生成します。
そんなブドウを使って醸造するワインは決まってぺトロールの成分が強くなり過ぎるんです。
このようなワインが日本の繊細な食材に合うと思いますか?」

中村さんはブドウのことを「彼ら」と表現します。
「彼らが今、望んでいる事」に対応しているだけ、という中村さん。

すごく温厚でやわらく、会長である(!)奥方との会話の際の優しい笑顔に隠された
深い深い信念を感じました。

e0165180_1025581.jpg


話に引きずり込まれるように、1時間半の見学予定も結局2時間が経って・・・(続く)
[PR]
by necotee-ra | 2009-03-27 09:03 | ワイン

DAIGAKUさんの新店舗!



e0165180_123472.jpg


少しぼんやりと暗い照明の中
隣の席の仕事帰りのビール親父4人組の声がうるさいばかりに、
こちらも負けじとつい声高になってしまう、目の前のツレとの会話。
テーブルの上には厚手のココットにたっぷり盛られたカスレ。
右隣のアパレル店員の女性2人の笑い声もついつい高笑い。もうボトル3本目だ。
ふたテーブル向こうのジジイが隣の席の女の子を口説いている。
身体を悪くしているのに酒とオンナはやめられないチュニジア出身の58歳。
みんなからは「パパ」と慕われるこの店の常連。
向こうの席ではシルバーの落ちる音。
ナイフが落ちたのか、それともフォークが落ちたのか、落ちたときの響き方で分かる。
こんなにうるさい店内だからオーダーも声を上げないと伝わらない。
厨房からシェフがデシャップ越しに顔を出してなにやら怒鳴ってる。
シェフの頭はバターの匂い。
音楽好きのスタッフが大きめのボリュームで流す、ジャンゴ・ラインハルト。


パリのビストロのあのグルマンと喧騒を、
そしてサンパティックな空気を関西で根付かせようと、
DAIGAKUさんが新店をオープンされます。
その名も「LE NOEUD PAPILLON」!-そう、あのトレードマーク。
オープンは3月24日(火)。
そして隣接するは日本橋FUJIMARUさんのアンテナショップ「CAVE DES PAPILLES」。


e0165180_1271557.jpg




ビストロ、カフェ、バル、
そしてCAVE DES PAPILLESからのワインでカーヴ・ア・マンジェにも・・・

DAIGAKUさんの想いがたくさんたくさん詰まった最高に気持ちのいいお店。
かっこよく歳を重ねそうなお店。

やっと出来ましたよ!こんなのが大阪にも!!
[PR]
by necotee-ra | 2009-03-23 01:30 | ワイン

当たった!


キリン一番搾りが変わるそうです。
麦芽100%になるんだって。
って、今まではなんやったん?

そしてリニューアルを記念しての初絞り缶、当たりました!

e0165180_0403947.jpg


20万缶限定ってことで、結構多いやんなんて思っていたのですが、
日本の総人口1億2千万人の内の79%が飲酒OKの年齢で(※注)、
当選総数20万缶という数字は、20歳以上がみんな応募したとしたら、
なんと当たる確率は0.2%!
しかも2缶が1パックになっているプレゼントなんで、実質0.1%!!すごっ!
なんて、ひとり悦に入ってますが、全員が申し込むなんてことはない訳で・・・
(※注:2000年3月31日現在の住民基本台帳)

まぁ、それでもラッキーな話です。

で、早速飲みました。

瑞々しいです。
薄いって意味ではなく、スルスルって喉を通り過ぎていく感じ。泡も細かい。
良いです。

しかし、一番搾りを飲むと焼き魚が食べたくなりますな。
さわら、ノドグロ、そして春告げる魚メバル・・・皮をカリッとね。


春です!
[PR]
by necotee-ra | 2009-03-18 00:49 | ワイン

だめになった人


夜も11時を過ぎると、思考がストップしてしまうようで・・・


e0165180_0111312.jpg



となりの嫁の作品がこれ。
意味不明
[PR]
by necotee-ra | 2009-03-18 00:13 | ひとりごと

初バードランド


メリメロでランチを済ませた後は東京タワーのたもとにあるcave de LUNEへ。
ついこの間オープンしたワインバー。
ちなみに朝の5時までやってます。

今日は仕事でオープン前にちょっとお邪魔して来ました。

このお店の最大の特徴と言えば、ラングロールの全部を楽しむことが出来るところ。
なんてたってオーナーの唐津さんは当代随一のラングローラー。
(唐津さん!杉本彩さんのブログ出てましたね!)

これは03年だけのリリース、「ケザコ」(=what?)


e0165180_23184396.jpg


ラングロールのもう一つのロゼ、シュマン・ド・ラ・ブリュヌ(=黄金の道)の原型とも言われる
このキュヴェはクレレットとサンソーのブレンド。
オーナーのラングロールに対する熱いパッションと
魂のコレクションをしかと堪能させていただきましたが、
残念ながらケザコを楽しむ間もなく、バタバタと阿佐ヶ谷へ移動。

バードランドです。

阿佐ヶ谷の駅から歩くことしばし。
全くの下町の中にこの店だけがポンっとモダンな雰囲気をかもし出しています。

仕事明けとは言え、いやぁ飲みました。

ニコライホフ「グリューナー06」
オステルタグ「ピノブラン バリック06」
ラングロール「ニュル・パール・アイユール07」
ビヤー「オー・コート・ド・ボーヌ麻06」


e0165180_2319540.jpg



ビオディナミの教祖的存在、ニコライホフはう~ん、少し化粧だった感じかな。
いい意味で言うとメリハリがあるのですが果実の感じが少しきつい。

オステルタグはまさに旨みの塊!
でも酸味が少しぼやけ気味。輪郭が少し曖昧。
しかし鶏との相性が一番良かったワインです。肝にまでマリアージュするなんて!

ラングロールは言わずもがな。

コサールの隣で同じくビオロジックで挑むビヤーの麻はまるでビゾーの03ヴォーヌ・ロマネに肉薄。
ピノって本当に不思議なもので、これなんかはまるで香水のようなブーケ。
ほんと、この品種はいろんな表情を見せてくれます。

しかし何より、ここまで白ワインが鶏に合うなんて!
肝やつくねまで全部が塩で味付けされているからなのでしょうかね?
まさに酒飲みのための焼き鳥であり、この焼き鳥が酒の杯を進めてしまう。

とてもよい経験をさせていただきました。

しこたま鶏とスタッフとの会話を楽しんだ後は・・・
・・・東京の夜は長い
[PR]
by necotee-ra | 2009-03-15 23:24 | ワイン

ちなみにメインは黒豚のカツレツでした


e0165180_1161882.jpg

e0165180_1164869.jpg

e0165180_1294025.jpg



・・・なんと!ここは飯田橋。

西のD-GAKU、東のMMと言われているらしいですが、そうここはメリメロさん。

どんな自然派ミーちゃんハーちゃんだって、オーナーの宗像さんにお会いしたとたんに
「ボ、ボクの趣味は読書とか、ですぅ」に自分を曲げざるを得ない・・・
なんて、半ば冗談のようで冗談でないような(笑)。

それぐらいまでに、氏とワイン生産者とのつながりは古く、そして造詣が深い。


この日はランチにお邪魔させて頂きましたが、普通こういうお店ってやっぱり
「ワイン好きです!美味いもん食べ歩いてます!私知ってます!」なんて
自認するようなお客さんで占められているものじゃないですか。

ところが、まぁランチという時間帯だったからかな?、普通のOLさんは来るし、
マキマキのギャルも居るしでなんて懐の深いお店!なんて考えていたら、
やっぱり、これこそがビストロなんですね。

逆にそんな自称美味いもん派ばかりが詣でるお店っていうのも不自然派な訳で、
いろんな層のお客さんが来て、何となく飲んでるワインがプロから見て、ものすごい
自然派だったってのが粋。


そして「なんかおもろいのん!」という上司の横柄なリクエストに
「こんなんあんねんけど?」で提案していただいたのは、
オーヴェルニュのニコラ・カルマロンがガメイとピノで造ったロゼ「H2 Facteurs」。

e0165180_1193768.jpg



パリの中にあって本物のオーヴェルニュの郷土料理を
供すことで有名だったカフェ・ドゥ・ラ・ヌーヴェル・メリー(1994~)のオーナーが、
いつの間にやら故郷に戻って標高450Mのとこ(六甲山より高いぞ)で
ワインを造り始めたって情報だけしかない謎のロゼ。
完全に自然派の造りにも拘らず、還元・ビオ香一切なしの純然たる果実味。
どこまでも透き通ったミネラルと柑橘系のキレのよい酸。バランス良し。最高にウマっ!



・・・今度は是非夜ですな。

ダール・エ・リボのクローズ・エルミタージュ・ヌーヴォー赤・白!!!(奥両端)

e0165180_1213518.jpg

[PR]
by necotee-ra | 2009-03-14 01:30 | ワイン

ランニングゥ~


ランニング!
お正月に何気にホノルルマラソンのドキュメンタリーを観たワタシ。
画面いっぱいに溢れるハワイ独特のハッピーな雰囲気と、
それより何より、走り終わった人たちの爽快感に満ちた表情に影響されまくりました。
大人になってから、(いや、学生時代もだけど)何かにのめり込む、
という事が全くなかったけど、
ワタシもあんな風に達成感を味わってみたい!

そんな風にフツフツとランニングへの情熱を温めていたところへ、
今回のTarzanのランニング特集!!!

もうすっかり、気分はシティランナー。めざせ!安田美紗子!
スノーボードを始めた時もそうだったけど、とりあえずカタチから入るタイプなので、
さっそく今度、シューズを買って、ウェアを新調しようっと!


e0165180_05454.jpg

週末に行った神戸旧居留地のビストロ。
サイフォンでいれたというコーヒーがおいしかった。
コーヒーがおいしい店っていいですねえ。
[PR]
by necotee-ra | 2009-03-09 00:55 | もう一人のharicohari