ワインとムジカとハリネズミ

haricohari.exblog.jp
ブログトップ

とうとうコハリも


訳あって、前の職場を上がる前日の、
ちょうどまさに日が変るか変わらないかっていう夜遅くに
飼ってたコハリが死にました。
なんか見守ってくれてたんかねってタイミングです。

つい10分ほど前、クスリをあげるために手のひらに乗せたばっかりで、
まだ身体が温かいままです。

一番最初に飼ってたハリコが病気で死んで、その直後から様子がおかしくなってました。
ゴハンは食べないわ、ようやく食べた思ったらすぐもどすわ、金切り声でのたうち回るわで、
6月に診てもらった病院では「ガンです。せいぜいもっても今月まででしょう」なんて言われちゃいながら、
しっかり11月29日の深夜まで生きながらえたもんね~。

e0165180_15544136.jpg


最期の一ヶ月なんて、膿のせいでつぶれちゃった片目に加えて、
もうまっすぐ歩けなくなって。ふらふらで。
あっちこっちに頭ゴツンゴツンぶつけてたりして、あれはひどかった。
体重も一番調子のいい時と比べて1/3ぐらいまで減ってたし。

だから、もうある程度覚悟出来てたし、前のハリコん時と違って、
留守中にさびしく死んでいったのとは違うから
逆に良く頑張ったなぁ、といったところです。

でも、やっぱり飼ってたペットが死ぬというのはどうあっても悲しいもの。
犬猫と違って身体もちっちゃいし、全然なつかないわで、
ハリネズミは面倒くさい動物ですが、死んだ時の寂しさは犬猫と全く同じ。
彼らを通じて感じた、家族と一緒に過ごした季節とか思い出を
全部持ってかれてしまうような感じがするからでしょうかね~。


そうして、ウチのハリネズミはチビスケだけになってしまいました。


e0165180_1552134.jpg

(トイレットペーパーの芯に顔を突っ込んでご機嫌のチビくん。アホです)
[PR]
by necotee-ra | 2009-12-19 15:57 | ハリネズミ